エイズ(aids)検査情報局:トップ > エイズ 画像
エイズの症状を知るために画像や写真はとてもわかりやすい情報です。
1日に約4人増え続けているHIV。エイズは自己診断できません!
キチンとした検査が絶対に不可欠です。
30秒でOK!通販でできる匿名検査はこちら。
クリック♪ 【好評です!】 自宅でカンタン、匿名検査!◆性病検査 STDチェッカー◆

エイズの画像

エイズの画像を見たからといってエイズの診断ができるわけではありません。
もし、エイズかどうかを知りたいのならば、専門施設で検査を受けなければわかりません。

今なら、ネットで申込め、ネットで検査結果を知る事ができるエイズ検査キットもあるので、不安な方はそれを利用することをおすすめします。

性病検査 STDチェッカー ←こちらのページの左上に「動画でわかる検査の流れ」というバナーがあるので、やり方を動画で確認した人は、まずそれを見てもよいでしょう。

ところで、エイズに関連した画像がネット上には沢山あります。

特にエイズを発症し、進行した場合の皮膚の病変の画像は、

正直かなりきついものがあります。

(どうしても見たい方のためにページ下部にリンクがあります)

 

先進国と呼ばれる国のほとんどがエイズ患者の増加が無くなってきたのに、

日本では相変わらずHIV感染者は増えています。

理由はほぼ異性間や同性問との性交での感染のせいです。

世界中で話題になった頃は、いつ日本に上陸するのかと、

大々的にメディアに取り上げられ、大騒ぎでしたが、

今では単なる性感染症の一つのような取り上げられ方です。

他の性感染症と違い、治す方法はいまだないウィルスなのにです。

 

母子感染や血液製剤による感染は自分の意志とは関係のない、

いわば純粋な被害ですから、本人としてはどうしようもないですが、

性行為による感染は予防が可能な感染なのに、

ほとんどのHIV感染はこの性行為によるものだというのは、

皮肉な話です。

 

自分には全く関係ないと思っている人が、かなりたくさんいると思います。

そういう人たちにエイズというのはこうなってしまうということ、

また自分の意識でいくらでも予防ができるんだという事を知ってもらうためにも

ちょっときつい画像や話もそれを見聞きすることで、

HIV感染を少しでも防ぐ一助になってくれるかもしれないという部分では、

意義のある事なのかもしれません。

エイズの画像を見る勇気

エイズの画像として検索すると、それでヒットする画像は無数にあります。

しかし、注意が必要なのは、エイズでない画像も混じっているということ。
専門家が見ればすぐにその正誤はわかるわけですが、
中には梅毒の症状の画像や、他の病気の写真なども
まじってヒットすることがあります。

また、エイズと一言でいっても、その症状はさまざまです。
ですから、その1枚ですべての症状がわかるわけでもありません。

ともあれ、エイズの画像を見るには勇気がいります。

もちろん「見たい」という好奇心もあるわけですが、
「怖い」という恐怖心もあることでしょう。

特に、「感染してないか心配だ」という時はなおさらでしょう。
それでも、見て確認したいという方だけ、下のリンクをどうぞ。

エイズ画像→エイズ画像

最後にもういちど記しますが、エイズの画像を見てもエイズの診断はできません。
不安な方はきちんと検査をうけてください。
ネットで申込んで自宅でできる検査が便利です。詳細はこちら→性病検査 STDチェッカー

もっとエイズや匿名検査について知りたい!
クリック♪最近不安なことがあった方が読んでおくページ

IT用語