エイズ(aids)検査情報局:トップ > エイズ 原因
エイズ(aids)の原因はHIV(ヒト免疫不全ウイルス)であることは知られています。
1日に約4人増え続けているHIV。エイズは自己診断できません!
キチンとした検査が絶対に不可欠です。
30秒でOK!通販でできる匿名検査はこちら。
クリック♪ 【好評です!】 自宅でカンタン、匿名検査!◆性病検査 STDチェッカー◆

エイズ 原因

エイズの原因、すなわちHIV感染の原因として、当初注目されたのは、同性間、異性間による性行為による感染です。
粘膜組織を通じた感染になり、性器、肛門、口などの粘膜からHIVが血液内に入って感染します。

口を通じた感染、つまりキスやオーラル行為での感染の可能性はそうたかくありません。
しかし、口の中に傷がある場合は、可能性が高くなります。

血液にHIVが入り込むことで感染しますから、ウイルスが入った血液が傷口など、開放した組織に触れた場合も危険です。
同様の理由で、注射針を使い回す場合も、その中に誰か感染者がいれば危険です。
きちんとした病院では「注射針の回し打ち」なんてことはやっていませんが、覚せい剤使用などの現場ではあり得るでしょう。

それともう一つの感染原因としてあげられるのは、母子感染です。
これも血液感染の一形態であり、母親がHIVに感染していた場合、一定の確率で感染していまいます。
妊娠中の胎盤を通じた感染や、出産や授乳時での感染になります。

なので、妊娠時は必ずHIV検査を受ける必要があります。
献血をよくエイズ検査に使おうとしている人も見受けられますが、それは慎むべきです。
献血時の血液検査において、完全にHIVを排除するのは難しく、すり抜けて混入する可能性もゼロではないからです。

以前は、非加熱血液製剤にHIVが混入し、血友病患者などに広がった薬害感染があります。

もっとエイズや匿名検査について知りたい!
クリック♪最近不安なことがあった方が読んでおくページ

IT用語