エイズ(aids)検査情報局:トップ > エイズ 発症
エイズに感染してもすべての人が発症するわけではありません。
1日に約4人増え続けているHIV。エイズは自己診断できません!
キチンとした検査が絶対に不可欠です。
30秒でOK!通販でできる匿名検査はこちら。
クリック♪ 【好評です!】 自宅でカンタン、匿名検査!◆性病検査 STDチェッカー◆

エイズ 発症

HIVに感染してもすぐにエイズを発症するわけではありません。

感染後1週間ほどで「かぜ」に似た症状が出るという報告があります。
これらの症状には、たとえば、「発熱」、「のどが痛い」、「咳が出る」、「体がだるい」、「節々(ふしぶし)が痛む」、「リンパ節が腫れる」等があり、症状がでたからといって、それをHIVに結びつけるには困難なものばかりです。

しかも、この自覚症状は感染者のわずか数%程度に見られる症状にすぎません。

ほとんどのHIV感染者は、初期症状が自覚できず、もし初期症状があったとしても、その後はなんの症状のない状態が続きます。

よく、「免疫力が低下する」とも言われますが、症状が発生するまでは、日常的かかる軽い病気になっても、免疫能が低下していないので、普通の人のように治ってしまうので、特別なことは起こりません。

この期間=いわゆる潜伏期間ですが、これは人によって10年以上にわたります。

この状態の人たちが「無症状キャリア」と呼ばれます。

この「無症状キャリア」の人は、検査を受ければ、多くのHIV感染者は抗体陽性と判定されますが、なにしろ自覚症状がないので、検査を受ける理由がないことがほとんどです。

つまり、ほとんどの感染者は、発症する症状によって自覚できるケースは少なく、「これがエイズだ」というべきHIVの特徴的な症状はないということです。

なにかあったとしても、別のウイルスに感染した症状かもしれませんし、これらの症状は自然に消えてしまいます。

なおさら、「自覚症状」によって感染を特定することは困難です。

感染から何週間かたつと、抗体が検出できるようになるので、そこで血液検査を行えばキチンと判明するのですが、多くの感染者はそれを行いません。

従って、国民を強制的に検査でもしない限り、HIV感染者の大部分は感染していることを自覚できないことになります。

HIVの大部分はこのような無自覚なHIV感染者から、次の人へと感染します。
そして、いつかは症状が現れるのです。
無症状のまま一生を終われる人は、つまりエイズにならないですむ人は、ほとんどいないと言われています。

HIVにより、免疫力が低下し、いわゆるエイズの発症が発現すると、いよいよ「しつこい下痢」、「ひどい寝汗」、「急速な体重減少」といった、エイズ特有の関連症候群が出てきます。

さらに症状が悪化し、免疫力が弱まってくると、健常時には簡単に跳ね返しているはずの、感染力の弱いかびや細菌などの病原体に冒されます。
これらを日和見(ひよりみ)感染と呼びます。

HIVが体内で増殖するという事は、他の病気の原因(病原体)に対する抵抗力が低下する事を意味しています。
抵抗力が低下してくると、健康な状態では感染しないはずのカビやウイルス、原虫などの病原体に勝てなくなってしまい、日和見感染という状態を発症するのです。

HIVに感染した人が、日和見感染に発病した場合、エイズ発症と言われています。

もっと進行すると、悪性腫瘍、神経障害などエイズの症状が現れてきます。
最終的には医師の診断や検査で、発症の有無が決まります。

エイズは、感染したとしても、今ではその発症を遅らせることができる病気です。
心当たりや不安があるならば、一刻も早く検査を受けるべきでしょう。


もっとエイズや匿名検査について知りたい!
クリック♪最近不安なことがあった方が読んでおくページ

IT用語