エイズ(aids)検査情報局:トップ > エイズ 皮膚
エイズの症状は皮膚に現れることがあります。
1日に約4人増え続けているHIV。エイズは自己診断できません!
キチンとした検査が絶対に不可欠です。
30秒でOK!通販でできる匿名検査はこちら。
クリック♪ 【好評です!】 自宅でカンタン、匿名検査!◆性病検査 STDチェッカー◆

エイズ 皮膚

エイズによる様々な皮膚症状にはどんなものがあるのでしょうか。

そもそもエイズは特定の疾患ではありませんので、

様々な病気が発症したり、併発したりしますので、

皮膚にその症状が現れることが非常に多いのです。

 

エイズにより皮膚に出る症状

 1.エイズになる直前に急性HIV発疹症ができる場合があります。

 2.悪性腫瘍:カポジ肉腫、β-細胞性悪性リンパ腫、有棘細胞癌、が発症する場合があります。

 3.感染症:免疫を抑えるので下記の症状が強く出てくる場合があります。

        ウイルス(帯状疱疹、水痘、サイトメガロウイルス、疣贅、伝染性軟属腫など)

        真菌(カンジダ、白癬症、クリプトコッカス、ヒストプラズマ、ムコールなど)

        細菌(ブドウ球菌、緑膿菌、梅毒、結核、非定形好酸菌など)

        原虫・寄生虫(カリニ原虫、トキソプラスマ、アメーバ、疥癬など)

 4.その他:アトピー性皮膚炎の悪化など

 

なおその発症の仕方も様々で、症状が一旦おさまってからもう一度潜伏し、

免疫力がどんどん低下してから、再度、症状が出るのものや、

通常より巨大なもの、発がん性を有するもの、通常より重症化しやすくなるもの、

進行が速くなるもの、治りが遅くなるもの、角化が進行してしまうもの等、

やっかいな症状が、併発してくるようです。

 

 

 

 

                   

             

もっとエイズや匿名検査について知りたい!
クリック♪最近不安なことがあった方が読んでおくページ

IT用語