エイズ(aids)検査情報局:トップ > エイズ 潜伏期間
エイズの潜伏期間はかなり長期間にわたります。
1日に約4人増え続けているHIV。エイズは自己診断できません!
キチンとした検査が絶対に不可欠です。
30秒でOK!通販でできる匿名検査はこちら。
クリック♪ 【好評です!】 自宅でカンタン、匿名検査!◆性病検査 STDチェッカー◆

エイズ 潜伏期間

HIVに感染してから発病までは短いひとで数ヶ月、

平均で8~10年間という長い潜伏期間を経て発病します。

この、無症候期をAC(Asymptomatic  Carrier)、または無症候性キャリアといいます。

一般には感染後10年間で感染者の50%がエイズを発病すると言われています。

 

身体に現われる症状としては、潜伏期間を過ぎると、寝汗や発熱が続いたり、

喉の痛みやリンパ腺の腫れ、体重減少などが現われてきます。

さらに病状が進んでくると、身体の抵抗力が低下し、

普通の時にはなんでもない弱い細菌やカビ、原虫に感染しやすくなったり(日和見感染症)、

悪性腫瘍ができやすくなります。カリニ肺炎やカポジ肉腫が代表的なものです。

もっとエイズや匿名検査について知りたい!
クリック♪最近不安なことがあった方が読んでおくページ

IT用語