エイズ(aids)検査情報局:トップ > エイズ 治療
エイズも以前は治療法がまったくない病気とされました。しかし今ではいくつかの対抗策が生まれているので早期発見・早期治療が大切になっています。
1日に約4人増え続けているHIV。エイズは自己診断できません!
キチンとした検査が絶対に不可欠です。
30秒でOK!通販でできる匿名検査はこちら。
クリック♪ 【好評です!】 自宅でカンタン、匿名検査!◆性病検査 STDチェッカー◆

エイズ 治療

臨床上エイズの問題は細菌・真菌・原虫・ウイルス等による日和見感染です。

細菌による日和見感染に対してはよい薬があります。

真菌、原虫による日和見感染にもかなり有効な薬があります。

 

ウイルスに対する有効な薬は、一部のウイルスを除けばまだまだです。

これらの薬で日和見感染をひとつずつ治療しても、「免疫能の低下は治せません」から、

また次の日和見感染が起こり、しまいには手に負えなくなり、死に至ることになります。

 

エイズワクチンは、

  1、HIVを予防するためのメカニズムがよくわかっていない。

  2、適当な動物実験モデルがない。

  3、エイズの潜伏期間が長い。

  4、HIVの表面蛋白質が刻々と変化するため、あるHIVに効果のあるワクチンをつくっても、

    別のHIVには効果がない。

  5、HIVは私たちの細胞の遺伝子の中にも組み込まれてしまい、

    いったん組み込まれたHIVに対しては、ワクチンの効果も期待できない。

等の理由によりなかなか完成させられないのです。

 

とはいえ、治療法は近年めざましく進歩しており、

完全なウイルスの排除はまだできないものの、

エイズの発症をおさえる薬は開発されています。

ですから、早期発見、早期治療がとても大切になります。

 

確認検査を終え、最終的に感染がわかれば、治療方針を決めます。

現在は、数種類の薬剤を服用することによって

エイズの増殖を抑える治療が効果をあげています。

しかし、残念ながらエイズを体内から完全に消すことはできません。

また、副作用や治療にかかる費用も膨大です。 

もっとエイズや匿名検査について知りたい!
クリック♪最近不安なことがあった方が読んでおくページ

IT用語