エイズ(aids)検査情報局:トップ > エイズ 特効薬
エイズに特効薬はありません。エイズに特効薬が、などと話題になることもありますが…。
1日に約4人増え続けているHIV。エイズは自己診断できません!
キチンとした検査が絶対に不可欠です。
30秒でOK!通販でできる匿名検査はこちら。
クリック♪ 【好評です!】 自宅でカンタン、匿名検査!◆性病検査 STDチェッカー◆

エイズ 特効薬

エイズ問題は先進国よりも貧しい国の方が深刻です。

世界のエイズ患者のうち3分の2がサハラ以南のアフリカに集中しています。

三人に一人の割合でHIVに感染している国もあります。

これらの国にとってエイズは現在も「死の病気」です。

エイズの薬は次の理由で貧しい国の人には手が届きません。

・薬が高価

・一生服用し続けなければならない

・耐性ウイルス発生の問題

貧しい国の人々が高価な薬を一生飲み続けるのは現実的ではありません。

また適切に使用しなければすぐに耐性ウイルスが発生してしまいます。

これらの国でエイズに対抗する手段としての条件は第一に安価であることです。

この条件にあてはまるのがエイズワクチンです。

 

 エイズワクチンは当然ながらウイルスを弱らせただけの

生ワクチンの使用の可能性はありません。

ウイルスを殺した不活性化ワクチンであっても、

何百人かに一人の割合で発病するかもしれません。

この種類のワクチンは安全性に問題があります。

エイズワクチン開発の難しさには、遺伝情報の理解の難しさと

エイズウイルスの進化の速さにあります。つまり非常に突然変異しやすいのです。

だいたい、一年間に0.5~1%のエイズウイルスに変異が起こっていると言われています。

これが、エイズワクチンを開発しにくいと言われる原因です。

 

 また、HIVウイルスの遺伝情報が全て分かったとしても

それらの遺伝情報がどのように作用するかを知らなければいけません。

またワクチンは免疫細胞に敵を覚えさせることによって効果を表します。

そのためエイズウイルスが進化して形が変わってしまえば意味がなくなります。

 

 

日本発のエイズワクチンには現在も使用されている施設を有効に利用することで、

エイズワクチンを安価に作る方法が考えられています。

結核のワクチンは世界中で使用されています。

天然痘のワクチンも多く使用されていました。

つまりこれらのワクチンを作る施設は世界中にあります。

結核や天然痘に使用するワクチンに

エイズウイルスの遺伝子を組み込むことでエイズワクチンとします。

既にある施設を利用するので安くワクチンを作ることができます。

貧しい国にとってエイズワクチンの開発は不可欠です。

人類とエイズの戦いはこれからも続いていきます。




 

もっとエイズや匿名検査について知りたい!
クリック♪最近不安なことがあった方が読んでおくページ

IT用語